top of page

美味しさと空間を大切にする生守らーめん


生守らーめん 新居浜店



愛媛県新居浜市に2022年8月にオープンしたラーメン店「生守らーめん新居浜店」。ファミリー層やビジネスマンが多く利用する本格豚骨が売りのお店だ。

メニューには、ラーメンにおにぎりが2個付く「生守セット」をはじめ、ご飯や炒飯が付くセットなど、ランチタイムに限らず常時選べるセットが人気だ。



Fuwaricaで提供スピードが格段に上がった


「美味しいだけでなく、食べる空間も大切にしたい」と高橋勇司社長は話す。

茹でたての麺がおいしく食べられるように素早く提供することを心掛けているそうで、提供スピードにもこだわりがある。


Fuwaricaを初めて見たのは、ふらっと入った「どんぶり店」であった。ご飯の提供スピードと量目の量り直しがないオペレーションに深く感心し、自分のお店でも使ってみたいと思ったそうだ。


実際に使ってみると、想像以上にご飯が素早く盛られ、その量目も安定していた。

導入前では、厨房スタッフそれぞれの作業スピードが違っていていたが、導入後はスピーディーにご飯が盛れて、誰でも均一のご飯が提供できるようになった。さらに、セットメニューで人気のおにぎりもオプションを使用することで、このFuwaricaで握ることが出来るので一石二鳥だ。


(左)高橋社長とGST-MRA+おむすびオプション

(右)人気の生守セット(ラーメンとおにぎり2個セット)


導入したFuwarica GST-MRAはコンパクトタイプで、狭い厨房内でも設置できるのが特徴である。炊飯ジャーの横のスペースに置いて使用しているので、オペレーションもスムーズだそうだ。


機械の操作方法や使用後の分解洗浄などの手順も、液晶画面で取説が見られるので、誰でも出来るようになると言う。アルバイトの入れ替えの際、教える時間が大幅に短縮したことも、この機械の恩恵だと話していた。


美味しいラーメンと美味しいご飯やおにぎり。そして、楽しく食べられるお店の空間。その全てが揃っているのが生守らーめんなので、スズモさんのFuwaricaは、その大事な要素の一つなんです。と高橋社長は話してくれた。



取材協力:生守らーめん 新居浜店

bottom of page