食の「おいしい」や「温かい」を
世界の人々へ

ABOUT US
ご飯盛付けロボット シェアNo1
1981年に世界で初めて
寿司ロボットを開発

シャリを握る一連の動作を徹底的に研究し、寿司職人の高度な技術「つまんで崩れず含んでほぐれる食感」と同じ完成度のシャリ玉握りを実現。回転寿司市場の成長・拡大を支える立役者として、高級食であった寿司の大衆化に貢献してきました。

2003年にFuwaricaを開発

ご飯を練らずにほぐし、ふんわりおいしく定量を盛付ける技術はとても難しい。ボタンを押すだけで衛生的に、ふんわり、おいしく盛付ける技術を実現し、衛生面に対する消費者の安心と、事業者の安全を支えてきました。

私たちは単なる機械メーカーではなく、食を通じて豊かさと温かさを生む企業として新たな可能性を創造し、食のシーンでニューノーマルを追求する企業でありたいと思っています。

​>はやわかりSUZUMO

寿司ロボット1号機

Fuwarica1号機

病院食ご飯盛付け、社食ご飯盛付け、おかわりロボ、ご飯盛付けマシーン​、セルフ・ビュッフェご飯盛付け

お問合せ

arrow&v
お問合せ内容(複数選択可)

Fuwarica |  製品に関するお問合せ | 個人情報保護方針

© 2020 Fuwarica by SUZUMO